役立てたい注文住宅のあれこれ

注文住宅で失敗しない秘密を公開中です

「たった10分の手間」で 注文住宅で大損することなく
理想の家を建てられたその秘密とは?
760万円も値引きしたコツはコチラ

>> 住宅ローンの見直しで約700万円の節約事例も

役立てたい注文住宅のあれこれ記事一覧

条件付き土地を購入する場合に交渉したい値引きのコツ!

条件付の土地を購入するときにどうすれば不利にならない契約ができるでしょうか。不動産会社としては条件付き土地は早く売りたい案件ですから契約を急ごうとします。また、立地などが良ければ他の人に買われてしまう可能性もあるのでこちら側の気持ちも焦ってしまうことがあります。では、どのように焦らずに、大切なポイン...

≫続きを読む

延べ床面積が80坪の坪単価がいくらなら豪邸レベルになる?

一般的な注文住宅の延床面積は35坪から40坪となります。しかし、豪邸と考えると、延床面積80坪、敷地面積100坪位をイメージするのではないでしょうか。一度は夢見る豪邸、一体いくら位かけるなら延床面積80坪の誰もが認める豪邸を建てることができるのでしょうか。まず、注文住宅の場合建設費用を坪単価で計算し...

≫続きを読む

新築の家が浴槽にかけ る費用の相場について

せっかく新しい家を建てるなら、お風呂にこだわりたいという方は多いのではないでしょうか。気持ちの良いお風呂にするにはどんな浴槽や浴室にしたら良いのでしょう。では様々なタイプの浴槽や浴室のタイプを知り、同時に相場も調べてみましょう。浴槽の種類と値段浴槽には大きく分けて3つのタイプが有ります。和式、洋式、...

≫続きを読む

上下水道がひかれていない土地もある?購入前に注意!

土地を購入するときには、その土地に上水道や下水道がすでに埋設されていると考えがちです。しかし、後からそこに水道関係の設備がないことに気がつき、予想外の出費が必要になってしまうことがあります。この場合には上下水道の引き込み工事費や自治体へ支払う負担金を支払わなければならず、その費用は高額になります。購...

≫続きを読む

30坪の土地があれば注文住宅でどんな家が建てられる?

注文住宅では、30坪位以下の土地を狭小住宅と呼んでいます。平均的な注文住宅の敷地面積は35坪から40坪なので、30坪となると狭い土地と考えられています。しかし、30代で注文住宅を建てようと思ったり、都心部の地価が高いところで建てようと計画したりすると大きな土地を手に入れるのはコスト的に難しいところで...

≫続きを読む

北道路の家は素晴らしい?特徴的な外観について

家を建てる時には日当たりの良さを重視します。そのために南側道路に接している土地の価格は高くなり、日の当たりにくい家の北側道路は人気がありません。しかも、北側道路の家は、間取りを決めるときに日当たりの良い南側にリビングやダイニングが設置され、日の当たらない北側には玄関やトイレ、お風呂などが設置されます...

≫続きを読む

北玄関で明るくなる?注文住宅選びのコツ

北玄関には悪いイメージがいつもついてまわります。暗くて寒くていつも売れ残る土地という具合です。一方の南玄関は日当たりが良く温かいというポジティブなイメージが一般的です。事実、北側に玄関が来る物件は、家の顔とも言える玄関の面に光が当たらず暗いイメージがあります。そして、日中でも家の中に入ると電気をつけ...

≫続きを読む

南向きの土地で東玄関の場合はどんなメリットがある?

南向きの土地を購入した時に気になるのが、玄関の位置ではないでしょうか。一般的に南向きの場合、玄関の位置は東側にすることが多いのですが、これにはどんなメリットがあるのかを考えてみます。ただし、土地というのはどれも同じわけではありませんので、一概に東玄関が良いということにはならないので注意しておきましょ...

≫続きを読む

暗い土地にならないための賢い土地選びとは

家を建てる時には、やはり日当たりの良い明るい場所が良いという人がほとんどです。好んで暗い土地に家を建てたいという人はほとんどいないでしょう。そこで暗い土地になってしまわないためには、土地選びの段階から賢く立ちまわる必要があると言えます。南向きの土地だと暗くならない?一般的に南向きの土地というのは日当...

≫続きを読む

45坪の土地に家を建てた場合の一般的な間取りについて

45坪の土地に家を建てるという人は非常に多いです。そこで気になってくるのが、どんな間取りにするのかという話でしょう。総務省が発表している統計によると、最も多いのが30坪から45坪の土地であり、延べ床面積としてはおよそ126平米ほどになります。このくらいの広さですと、夫婦2人にお子さんが2人といった4...

≫続きを読む

北側の家が近い土地は避けたほうが良い?

南向きの土地を買った場合、北側に隣接する家があるというケースが多いです。この場合、先に建っている家のことを考えると避けた方が良いのかと考える人も少なくありません。住宅を建てる時に、隣家とのスペースについて考える必要というのも、ある程度は出てくるのですが、この場合はどうすべきか考えていきましょう。北側...

≫続きを読む

家の外観にこだわるなら正方形の土地が良い?

外観にこだわった家を作りたいというのなら、正方形の土地の方が良いという人が多いです。何故、正方形の土地だと家の外観にこだわることができるのかという話になりますが、これは間取りの基本というのは正方形からとっていくからだと考えてください。つまり、正方形の土地というのは長方形のものと比べて、最初からメリッ...

≫続きを読む

正方形と長方形の土地 を選ぶならどちらがおすすめ?

土地を購入する時に迷ってしまうのが、正方形の土地と長方形の土地のどちらにするかということでしょう。それぞれの土地の条件などもあるので、一概にどちらの土地のほうが良いというのは難しいのですが、一般的には正方形に近い方が良いとされています。ここではどちらによりメリットがあるのかを考えてみましょう。正方形...

≫続きを読む

100坪を使った注文住宅はどんな間取りが可能になる?

100坪の土地を使った注文住宅を建てるといった時に、どんな間取りができるのかと疑問に思う人も少なくありません。一般的な住宅の坪数というのが30坪から45坪程度と言われていますので、単純に考えると倍以上の広さを持つ土地に家を建てることができます。その分、間取りとしてもかなり自由なものを考えることができ...

≫続きを読む

L字の駐車場を注文住宅で造る場合はどんな土地が良いの?

注文住宅においてL字型の駐車場というのは見栄えが良いことで知られています。このL字型の駐車場を作るのに適した土地というのはどういったものなのかを気にする人も少なくないようです。基本的に家を作ることが前提として土地を選ぶべきなのですが、駐車場にこだわりがあるといった場合は、それにあわせて土地を選ぶのも...

≫続きを読む

風通しのよい土地を選ぶ場合の注意点について

土地を購入する上で気をつけたいことの1つに風通しの良い場所というものがあります。そもそも湿気の多い日本という国ですので、住宅の風通しを良くするということは非常に大切なことだと言えるでしょう。カビを生えにくくするというだけではなく、高温多湿になりがちな夏場などを快適に過ごすためにも、重要な要素になりま...

≫続きを読む

北向きの玄関でリビングを広くしたい!おすすめの間取りについて

注文住宅を建てる時に玄関の位置で悩むという人も多いのですが、北向きに作った時にはどういった間取りが向いているのかを考えていきます。そもそもの話、北向きの玄関というのは特に冬場になると寒くなってしまうというデメリットもあるのですが、リビングなどは南側に作ることができるメリットもあるので、一概に否定でき...

≫続きを読む

絶対に後悔する!?やってはいけない間取りについて

注文住宅では選択してはいけない間取りがあります。その1つが『バルコニーの奥行き』です。バルコニーにとって奥行きはとても大切な要素。それが狭いとなると、どんなに洗濯物や布団を干せても使っていて不便さを感じてしまいます。バルコニーのトレンドやステイタスで重要になってくるのは横幅よりも奥行きの広さです。奥...

≫続きを読む

子供が巣立った後のことを考えた間取りについて

子供が巣立った後の間取りで重要なのは、2人でどのようなライフスタイルにするか?それをまず考えましょう。子供と一緒に暮らす場合、学校や病院など子育てに必要な施設の近くに家を建てたり、家に子供部屋を作ったりする間取りを考えなければなりません。しかし、老後になり、子供が独立する場合こうした間取りの家は必要...

≫続きを読む

洗面所への道がLDKしかない間取りは要注意の理由

注文住宅で家の間取りを考えるのは一つの楽しみですが、してはいけない間取りというものがあります。それは、洗面所への道がLDKしかない間取りというものです。どうしてこの間取りは要注意なのでしょうか。幾つかの理由を考えてみましょう。居心地が悪いリビングは家族皆が集まる場所です。さらにキッチンもついています...

≫続きを読む

脱衣所の間取りも手が抜けない!注文住宅の失敗例について

注文住宅が完成した後に、いざ生活をしてみて失敗したと気がつくことがあります。間取りを自分たちで考えていますので、自分なりのアイデアがうまくいくこともあれば、残念だったということもありえます。特に脱衣所の間取りは生活が始まってから色々と問題が出てくるところです。どんなポイントを皆さんは失敗と感じている...

≫続きを読む

L字型の土地を活用した理想的な間取りについて

土地の形は一つとして同じものがありません。四角い形の土地、長方形の形の土地、そしてL字型の土地です。様々な形の中でも比較的制約が多いL字型の土地を上手に使い、土地の良さを最大限に活かす間取りとはどのようなものでしょうか。また、L字型の土地ゆえの問題を克服するような間取りについても考えましょう。実際の...

≫続きを読む

土地45坪で三台駐車は可能?間取り図面を参考に

土地の敷地面積が45坪の場合に車を3台駐車することは可能なのでしょうか。駐車スペースは、家の玄関と並び家の前の道路沿いに配置されることが多いので家の顔となります。家の他の場所とのデザインのつながりや周りの景観と調和させるためにはどんな間取り図面を描くのが良いでしょうか。駐車スペースの間取り駐車スペー...

≫続きを読む

彫り込み駐車場は後悔の元?慎重に選びたい理由

注文住宅における駐車場の形はおもに2つに分けることができます。一つは庭の一部分を駐車スペースとしたもので、一番多いタイプです。もう一つが掘り込み式駐車場です。これは、坂道にひな壇のようになって家が建てられているエリアに多い構造です。土地の土台に穴をほって、床と天井と壁をコンクリートで固めて車庫として...

≫続きを読む

家族の将来を見越して部屋の間取りを決めよう

家の間取りを考えるのは家族の将来を考えるということです。賃貸であれば、今の家族の状況を考え、それにあった間取りの物件を選べばよいでしょう。しかし注文住宅で、自分たちで間取りを考えていく時には、5年後、10年後、20年後の家族の姿もイメージしなければなりません。もしこれらの点を考えていないなら、後でリ...

≫続きを読む

注文住宅の 一階間取りを失敗しないためのコツ

注文住宅で最大の楽しみといえるのが間取りを考えることです。しかし、家を建ててしまった後から間取りを変えるのは簡単なことではありません。では、間取りづくりで失敗しないためにはどんなコツが有るのでしょうか。特に、リビングやキッチン、洗面所や浴室が集まり使用頻度が高くなる1階の間取りで失敗しないためにはど...

≫続きを読む

敷地面積40坪の間取りで考えておきたい配置について

40坪の敷地面積があったとしたらどんな間取りレイアウトが住みやすいでしょうか。それは、家族構成や家族が望む暮らしのスタイルによって変わってきます。では、具体的にどんな配置の間取りを作ることができますか。まず配置を考える上で、40坪とはどれくらいの面積なのか知っておきましょう。40坪の家坪というのは日...

≫続きを読む

こだわりや変わった間取りをするための必要な広さについて

注文住宅を建てるときには、それぞれの家族の希望を織り込んだ家を作りたいと思います。しかし、色々なこだわりや変わった間取りをしたいと思うときにどれくらいの広さがあればよいのでしょうか。もちろん、予算や住んでいる場所によって現実的に購入できる敷地は決まっていますが、目安として知っておくなら助けになります...

≫続きを読む

どんな家になるか図面からイメージする方法とは

どんな家になるのかを図面からイメージするのはとても大切なことです。なぜなら、注文住宅で工事が始まってから見られる一番多い問題が、出来上がりと準備段階のイメージが違うというものだからです。主に内装工事でのトラブルが多いのですが、事前に図面から家の全体像や内装をイメージできていれば、事前に問題点を修正し...

≫続きを読む

絶対に失敗できない注文住宅…間違いない間取りについて

注文住宅はかなりのコストと時間、そして労力をかけて建てますので絶対に失敗したくないですし、失敗できないものです。しかし、大勢の家族が実際に生活が始まってから色々な間取りの間違いに気づいて後悔しています。それでも、リフォームして修正するには費用が掛かり過ぎますし、自分たちで治そうとしても見た目が悪くな...

≫続きを読む

おしゃれな斜めの玄関ホール…使い勝手はどうなの?

注文住宅で間取りを考えるとき他の部屋のスペースを広くするために最初に犠牲になるのが玄関スペースです。当初はゆったりとした玄関を想定していたのですが、リビングをもう少し広くしたいと思ったり、客間を広げたいと思ったりして、結局は玄関スペースがどんどん減らされてしまいます。これは、限られた土地を有効に使う...

≫続きを読む

建て売り住宅でよくある間取りが無難な理由

注文住宅を選ぶ人はこだわりがあります。自分や家族の夢、また趣味のために特別な部屋や設備を取り入れた間取りにしたいと思うのです。ですから、出来上がってきた間取り図を見て無難な建売住宅のような間取りだと物足りなく感じてしまうケースがたくさんあります。しかし、一般的な間取りにはそれなりのメリットが有ります...

≫続きを読む

日当たりのよいバルコニーのサイズはどれくらいが妥当?

屋根のあるベランダと違い、屋根がなく外に張り出したバルコニーは豪華な感じがする設備なので多くの方が憧れる間取りです。ベランダですと、洗濯物や布団を干す用途だけでしか使わないですが、バルコニーだとベンチを置いてお茶を飲んだり子どもたちを遊ばせたりする事ができます。では、様々な用途で使うことのできるバル...

≫続きを読む

南西向きのリビングを広げたい場合の間取りについて

リビングに求めるのは採光と広さです。家族がくつろぐ憩いの場だからこそ明るい南西向きにリビングを配置したいですし、できるだけ広々としたスペースを確保したいと思います。では、限りのある敷地面積の中でどのように理想のリビングを作り出すことができるのでしょうか。幾つかの方法を考えましょう。南西リビングのメリ...

≫続きを読む

家を建てる時しかできないキッチンのおしゃれな照明について

キッチンにはおしゃれな照明を付けたいと家族の皆が思うものです。料理をする主婦は食材の自然な色合いを見ることができる照明や、作業をしている手元がしっかりと見える照明にしたいと思うことでしょう。また、キッチンは大抵皆が食事をするリビングから見えるものです。雰囲気よく食事を楽しむためにもキッチンの照明はと...

≫続きを読む

風呂とインナーバルコニー、洗面所が2階 にあるとどんな図面になる?

最近は2階に風呂や洗面所、そしてインナーバルコニーを配置する間取りが多くなってきました。実際にそのような間取りにするとどんな図面になるのでしょうか。しかし、この点を考える前に、それぞれの設備を2階にわざわざ持ってくるメリットとデメリットを知っておきましょう。この点を知っておくと、図面を作るときにどん...

≫続きを読む

坪庭があるおしゃれな家の間取りとは?

新しい家を持つなら庭を作ってバーベキューをしたり、友人たちとパーティーをしたりしたいと思うかもしれません。しかし、敷地面積が限られているために庭を作るのが難しいことがあります。そのようなときにおすすめなのが小さな敷地でも作ることのできる坪庭です。多くの家族が坪庭を作ってよかったと感じていますし、ハウ...

≫続きを読む

ほんのひと手間で費用が数百万円変わる可能性があります

一括見積もりサイトに複数登録することで、費用が数百万円単位で変わる可能性があります。
あなたの条件に合った施工会社を見つけるためにも必ず登録すべきです。

タウンライフ家づくり

 

無料!簡単3分でネット一括依頼!


・自分オリジナルの家づくり計画書の作成(無料)
・全国300社以上の注文住宅会社があなたをサポート!

 タウンライフ家づくり



持ち家計画

 

約1000社の中から注文住宅会社を比較できる


・あなたの理想のマイホーム作りを助けてくれる
・最短2分の手続きで無料でカタログ請求ができる!

                                                       

持ち家計画



「タウンライフ家づくり」と「持ち家計画」
この2つに登録しておくと間違いないです。


我が家はほぼ同条件にもかかわらず760万円安くなりました


「たった一手間」で費用が数百万円も抑えられました

760万円も得をした秘密はコチラ

運営者情報 注文住宅の見積もり 値引き交渉のポイント 我が家の値引き体験談 金利シュミレーション